季節の変わり目


ドンソールでのジンベエシーズンも一段落。
レガスピでは昼過ぎや、夜半に雨の降る雨季に突入しつつあります。
雨季と言っても、日に1回2回雨が降る時以外は、基本的に晴れ。
で、この時期の特徴として・・・・ジンベイザメの郷ドンソールは波が高くなりますが、こちらレガスピはベタ凪に近くなります。つまり、レガスピ側のダイビングの季節、ということです。
ファンダイビングでご案内できるところを探していきたいと思います。

ジンベエ出現!

レガスピ港は大騒ぎです。

パシフィックブルー・レガスピ支店のあるエムバルカデロは
レガスピ港のウォーターフロント。

この湾内に2匹のジンベエザメが迷い込んで来ました。
大きさは6m弱で約4時間ほど遊んで沖に出て行ったそうです。

ちょうどジンベエが出現した時間、イントラ及びDMはミシビスリゾートで
仕事をしていましたので残念ながら映像に残すことができませんでした。

レガスピ港はドンソールとは反対側の太平洋側に位置します。
2009年11月にはレガスピ港のあるアルバイ湾に約1ヶ月間程
15mクラスのジンベエが住み着いて、やはりこの時も大騒ぎでした。

とても残念ですが今回は撮影出来ませんでしたが
次回は是非カメラに収めたいと思います。

まだまだドンソールもジンベエスイムで賑わっていますので
是非ご参加ください。





すごい! でも、こんなのあり? 

青い空、青い海、やっと遅い夏がやってきました。

今回はある調査の為、ある島へ渡りました。
調査終了後、島にあるリゾートで昼食を済ませ
12時前に出発し、港まで行きその後船を連絡船に乗り換えて
ルソン島の港まで帰る予定でした。

しかし、地元の人との話が弾みリゾートを出発したのが
丁度12時、私たちが使用したバンカボートは大きなタイプなので
小回りが利かず、リゾートを離れた時には遠くに出港した連絡船が
見えました。

次のスケジュールは2時出港予定です。

しかし、私たちと同行していたレガスピの有力者。
さすが! ボートマンに言って連絡船を止めちゃいました。
そして、無事乗り換えたボートの乗客は

「こんなのあり? あの人たちは誰?」

とジロジロ見られちゃいました。
でも無事帰ることができました。

日本だと大変なことになりますよね!









レガスピ空港観光案内所オープン!

レガスピ市庁舎ロビーに開設された
「レガスピ市日本語観光案内所」に続く第2弾!!

「レガスピ空港観光案内所」を開設いたしました。

「レガスピ空港観光案内所」は
フィリピン政府観光省、レガスピ市、パシフィックブルー
共同プロジェクトにより実現致しました。
世界各国から観光にいらっしゃった皆様に
大変ご好評を頂いております。

レガスピ市のあるビコール地方(Region V)は
ルソン島南部に位置し
 アルバイ州
 ソルソゴン州
 カマリネス・ノルテ州
 カマリネス・スル州
 カタンドアネス州
 マスバテ州の6州で構成されています。

「レガスピ空港観光案内所」ではビコール地方
すべての観光インフォメーションを行っております。

日本語によるサポートは
レガスピ市に常駐しております日本人スタッフが
対応致しております。

レガスピにいらっしゃった時は
是非お立ち寄りください。


















 

ジンベエザメ 新札登場

フィリピンのお札が新しくなりました。

今回のお札は、フィリピンの有名な場所と動物が地図付きでお札に印刷されています。
そして100ペソはこのレガスピです。
表は代わり映えしませんが・・・



裏面はマヨン火山とジンベエザメ!
是非フィリピンに来てジンベエザメを見るとともに世界で唯一のジンベエザメのプリントにあるお札をゲットしてください♪



拡大!

 

ただいまジンベエザメのシーズン真っ盛り! ドンソール連日十数回からジンベエザメがスノーケリングで見られています。 例年通りならシーズンは5月末頃まで。まだまだ大丈夫ですっ!

ジンベエザメと泳ごう!

 ジンベエザメツアー・シーズン到来!

日本人スタッフがお出迎え致します!


世界でもとても珍しいジンベエザメが群れる海、ドンソール。
WWFの調査では、80体以上のジンベエザメの生息が確認
されています。

ジンベエザメは現地の言葉で「ブタンディン」と呼ばれ、体長
20メートルにも及ぶ世界最大の魚(主食はプランクトン、イカ
や海老類なので人を襲ったりしませんよ!)です。
まるで潜水艦のようなジンベエたちとシュノーケルで一緒に
泳ぎます。

マニラの南西500キロに位置するルソン島ビコール地方
レガスピまで飛行機で約50分、ドンソールまで車で約1時間。
マニラから1泊2日で行き帰り出来る気軽さで、アッと驚く
体験がてんこ盛りのツアーです。

宿泊はマヨン火山が見えるとてもお洒落なリゾート又は
レガスピ市内のホテルでゆっくりとおくつろぎください。

1998年にジンベエスイムツアーを日本人で初めて於こなった
パシフィックブルーは、豊富な経験と実績があり、多くのメディア
で取り上げられています。

ジンベエスイムのことなら是非弊社にお任せください!

「恒例PBジンベエスイムツアー2011」

期 間:2011年2月〜5月中旬まで

     (確率は20〜30%に下がりますが6月以降でも可能です

日 程:毎週末催行1泊2日(平日も可)
    (最小催行人員:1名様〜)

 第1日目(土曜日)
  朝マニラ出発 レガスピ着
  空港にて現地ガイドがお出迎え ツアー開始
  ドンソールへ移動 ジンベエスイム
  昼食
  ホテルチェックイン。フリータイムもしくはオプションの市内観光
  夕食
  ホテルにてご宿泊(2人部屋)

 第2日目(日曜日)
  朝食   
  レガスピ空港へ ツアー終了
  日曜日の昼前マニラ到着

2泊3日で、ジンベエスイムを2日間ご希望の方、1日ダイビング+1日ジンベエスイムをご希望の方、お気軽にご相談ください。

メールは
pacific-blue@pacific.net.phまで。

日本語ホットライン:0918-929-4070(フィリピン国内より)

              

     +63-918-929-4070(海外より)


ジンベエザメレスキュー

夕方遅く州の関係者から連絡が入り、なんでも「ジンベエザメが定置網に入り込み
出れなくなっている様子。明日救出を行うので手助け願う」とのこと。

ということで、ダイビング器材、カメラ等を持って早朝にレガスピを
出発1時間弱のところにある街マニートに。 
定置網の水深は5mから10m幅は50m位。

現地に到着し、ジンベエザメの聖地ドンソールから駆けつけたWWF他
ジンベエザメの専門家と潜ってみれば・・・はたしてまだ子供のキュートな
ジンベエザメ (でも4mがありました。)





大きな10mオーバーなジンベエザメもいいですが、小型(4-5m)クラスも
模様がくっきりで、可愛いです。

ともあれ、まずは資料用に性別を判定。今回は男の子です。
また、背ビレ左側を撮影し、その模様の並びを記録し個体識別を。
今回はなんとか30分ほどでジンベエザメを外界に誘導出来ました。


しかし、今回のようなこどもクラスであればなんとかなりますが、
これが大人の10mオーバークラスですと方向一つ変えて誘導するのも大変そうです。
ともあれ、今後も生き残って、大きく育って欲しいものです。

スタッフ募集!

 

レガスピ市日本語観光案内所開設

おいでよレガスピへ!

美しく魅力的なレガスピシティ



日本の皆様こんにちは。私はフィリピン共和国アルバイ州レガスピ市長のカーメン ジェラルディーン B. ロザールです。


フィリピンの中部に位置するアルバイ州の州都で、政治的中心都市。富士山のように天高くそびえるとても美しいマヨン山がシンボルです。地名はスペイン人のミゲル・ロペス・デ・レガスピの名前から付けられました。


美しい自然と素晴らしい環境、学園都市にふさわしい多くの教育機関や大学があり、安全に楽しく滞在出来る都市を目指しております。


日本の方々の観光と投資に、より高い関心を持って頂けますよう、レガスピ市職員一同全力を尽くして快適な環境を整えております。


その一環としてレガスピ市とパシフィックブルーのコラボレーションによる、フィリピン国内では初めての日本人の方々の為の「日本語観光案内所」を市庁舎ロビーに開設致しました。レガスピ市及び近郊の観光案内と緊急時の日本語サポートを目的とした「レガスピ市日本語観光案内所」を是非ご利用ください。


皆様がレガスピ市へご訪問頂き、その素晴らしさを体感頂けますよう心より願っております。

ありがとうございました。


レガスピ市全景


レガスピ市庁舎


レガスピ市日本語観光案内所


レガスピ市日本語観光案内所ロゴ



新年のご挨拶

謹んで新年のお慶び申し上げます。

昨年は皆様より格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
おかげさまで弊社は今年創業16周年を迎えます。

これを機に初心に帰り、
安全管理と、皆様に喜ばれる企業を目指して
努力をしてまいる所存でございます。

より一層のご支援を賜りますよう、
従業員一同心よりお願い申し上げます。

                                                                        パシフィックブルー 
                                                                        代表取締役
                                                                        
                                                                        中野譲二