マヨン伝説 Var.2

マガヨンという、とても美しい姫を姪に持つ王様がおりました。王様はその姪をとても大事にしており、手を出した者は王様の厳しい懲罰が加えられたので、誰も彼女に手をだそうというものはいませんでした。
ある日、若い戦士が彼女の美しさに魅了され、風の助けを借りて王宮に侵入し彼女と駆け落ちしました。
マガヨン王はそのことを知り、彼ら二人を追いかけました。二人は神に助けを願ったところ、神は、突然の地すべりを起こしマガヨン王はその下に埋められてしまいました。
人々の伝えでは、マヨン火山の噴火は、そのマガヨン王の怒りによるものだということです。

 

コメント