ブンブクと謎のウミウシの巻

さて、このサントドミンゴ周辺で潜ったわけですが・・・砂地で団体さん発見です。

これの・・・



ブンブク目ヒラタブンブクというウニの仲間で・・・体長3〜6cmくらいでしょうか。

これが・・・水底いっぱいに・・・・ドワ〜〜っと!!



ウニの仲間ではありますが、見た目モフモフしていて可愛いのですが・・・これが、カーペットのようにウゾウゾ動いていると・・・ちょっと不気味でもありますね。

これまで、ナイトダイビングでは見たことがありますが・・・陽の光の燦々と降り注ぐ日中に、しかも団体さんを見たのは初めてです。産卵期かなにかだったのでしょうか・・・。

次に同じ場所に行っても見られるか??です。

そしてもう一個・・不思議なウミウシ・・・・



体側に脚のようなものが飛び出ていますので・・・ウミウシではなくアメフラシの仲間と思われますが・・・

正体不明です・・・。

コメント

お疲れ様です。

こちらにおいてある図鑑によると、ヒオドシユビウミウシらしいです。

  • yoshi@anilao
  • 2012/09/07 18:15

毎度、調査有難うございます。

ヒオドシユビウミウシですか・・・。

「火脅し指海牛」

横のほうに「指」のようにニョコニョコ枝が生えているウミウシシリーズで、火が燃えているような形なので「火脅し」なんでしょうかね。

  • Jin
  • 2012/09/11 17:49
トラックバック
この記事のトラックバックURL