またまた調査〜〜

今回はレガスピから北にボートで15分のところにある海岸沿いの瀬まで・・・。

近くにパッシグ川が流れ込んでいるのでポイント名はパッシグです。



基本、浜辺からまずはストンと2mまで落ち、そこから距離にして30m位までで5mの水深、その後、30度くらいの角度で落ち込み最大水深25m弱の地形で、その先に、一番浅いところで3mの瀬があるポイントです。

Pasig Outは瀬の外側。水深25m辺りまで落ち込むドロップオフですが、角度的に流れが当たりにくいようで水底はちょっとシルキーです。
内側のPasig Inは逆に流れが当たるようで、水底は砂地。そんな地形です。

まずはパッシグのちょっと北側の海岸でダイブ。



20m辺りからなぜか海蛇だらけ・・・しかもなぜかついて来るし・・・(^_^;



で一番いっぱいいた時で周りに海蛇が5匹・・・あまり嬉しくないですね。

25mの水底にはブルーバーデッドリボンごビーさんが一杯です。

頭にオレンジの三角があることを今回知りました。



浅場に戻ってみたら・・・あらまゼブラアナゴの団体さんがクネクネと。





で、他には名前の分からないベラが一杯・・・多分」・・ナンタラ・スッラッシャーという名前でしょう(^_^;



続く


コメント

ゼブラアナゴもアニラオでは激レアなので、ナイスです。ベラは、ラインスポットフラッシャーとか呼ばれているやつです。アニラオだとバスラにいますが、一般的にはセブなどのフィリピン南部に多いやつです。

  • yoshi@anilao
  • 2012/08/24 15:30

ラインスポットフラッシャーなんですね。

毎度毎度ありがとうございます。<(_ _)>

  • Jin
  • 2012/08/26 00:08
トラックバック
この記事のトラックバックURL